文化の首都: ロッジア広場の 2,000 人を超える子供たちが「共に成長」

「私の街は美しい/そしてあなたの素晴らしい/夢、アイデア、そして新しい現実の首都」. それは歴史と宮殿です。 湖、公園、広場、タペストリー、しかし何よりも大きな心とさらに大きな希望がそこに込められていますベルガモとブレシアの文化首都の賛美歌.

「Rising collectively」という曲は、ブレシア出身のパオラ・セレッタ、ミュージカル・メンテの監督、ベルガモ出身のクリスティアン・ロッコがテキストを書き、魅力的に作曲されました。 両市の子どもたちが選んだキーワード. 彼らがいつか住み、暮らしたいと願う未来の都市、「悟りを開いた都市」の物語を語る言葉。

誰もが広場で歌います

今日の朝だけがチャンス この曲を聴きます. 契約はブレシアのロッジア広場とベルガモで午前 11 時に開始され、イセオ、パデルノ、パッシラーノ、ロデンゴ サイアーノ、グッサーゴ、オスピタレット、トレンツァーノ、コルツァーノ、モンティローネ、デゼンツァーノの広場でも同様です。

この非常に重要な機会に、ブレシア ミュージカル – メンテ ユース オーケストラとベルガモ ミュージカル – メンテ ユース オーケストラが 2 つの都市のメイン広場で歌を演奏し、若い合唱団のグループが同時に歌って命を吹き込みます。に 両市を結ぶ大合唱団 このプロジェクトでは、州の領土にも及ぶ近代的な健全な橋で。

このビデオを表示するには、JavaScript を有効にして、HTML5 ビデオをサポートするブラウザへのアップグレードを検討する必要があります

共に成長するビデオ

実際、このイベントには、ブレシア地域の多くの公立および私立の小学校が参加しています。これは、文化教育省の多大な努力と、ブレシアおよびベルガモのテリトリアル スクール オフィスの支持と協力のおかげです。 学校の指導者と教師の多大なコミットメントに加えて。

公式国歌のテキスト

各機関に配布しました セット 「Rising Collectively」の歌詞、スコア、教室で教えるための音楽が含まれています。 ロッジア広場によって課せられた定員制限を考えると、ミュージカル メンテは、州内に他の 11 のアリーナが存在するおかげで、各広場または重要な場所でイベントを開催することにより、市長と校長を同時に参加するよう招待しました。人口の存在。 イセオ、パデルノ、パッシラーノ、ロデンゴ サイアーノ、グッサーゴ、オスピタレット、トレンツァーノ、コルツァーノ、モンティローネ、デゼンツァーノの学校の子供と若者は、街の仲間と同時に「Rising collectively」を歌います。 .

子供たちが歌うイタリアの国歌

美しい機会

オスピタレットでは、ローマ広場に 400 人を超える 3 年生、4 年生、5 年生の生徒が集まり、マメリの賛歌に続いて、総合学校の校長が指揮し、熱狂的なグループの生徒が伴奏して「共に成長する」と「共に成長する」を演奏します。教師。 「私たちの少年たちのために – マネージャーを確認します – これはそれでした 学校、文化、それらの関係について考える重要な機会. 特に、学校は生涯続く文化的価値の先駆者であるというメッセージを生徒に伝えました。 だけでなく。 この学年の赤い糸は、あらゆる面での遺産の再発見と保護です。」