ティエネ。 全年齢向けの文化プロジェクト「Crescere in Musica」の豊富なカレンダー

第15版に戻って、音楽で育つ」、さまざまなティエネスの現実の相乗効果を取り入れ、音楽分野で団結して、芸術的価値の高いユニークな文化的機会を提供する音楽および文化プロジェクト。 ネットワークを構成する機関プロ ミュージック ティエネ イスティトゥート ムジカ ヴェネト「シティ オブ ティエネ」Thieneの文化協会「Ludus Musicae」ティエーネ青年合唱団コーラス「シティ・オブ・ティエネ」 そしてその ハイスクールミュージカル「F. バッサーニ. そのため、2022 年 9 月に誕生した Corradini 中学校の分校である「Associazione Crescere in Musica APS」もその一部である、360 度の音楽を扱うこの地域の既存の現実のセットです。 舞野麻里奈 これは、伝統的な学校がどのように子供たちのニーズを「聞く」ことを学ぶことができるかを明らかにし、子供たちを音楽トレーニングの道に導くだけでなく、音楽を聴くこととそこから生じる感情を理解することもできます。古典的な設定による音楽的側面だけでなく、合唱、古典舞踊、ポップセクション、障害者のための音楽療法だけでなく、したがって、他の学校に開かれ、さまざまな分野の連合になります。 音楽や文学のように、音声学的側面の下で音楽になる言葉の美しさ。 伝統的な学校は子供たちの福祉を求めています。 リセオ コラディーニ デ ティエーネには、その研究分野に「音楽」はありませんが、重要な文化的および社会的価値があると固く信じています。 Thiene、Zugliano、Schio の市当局、そしてスポンサーの Brazzale に心から感謝します。

「このプロジェクトは自然に自発的に生まれたと思います。ティエーネでは、音楽を作っている私たちがすでに協力していたので、力を合わせてこの相乗効果を生み出すことを決定するのは非常に簡単でした。」 教授を宣言します。 パオロ ダル バルコニー、コラディーニの教師、パーカッショニスト、プロジェクトの首謀者。 「プログラミングは完全で複雑で、すべての年齢層とすべての好みに向けた提案があります。 たとえば、まさに「Moments Musicaux」で、私たちが実行しようとしている作品「Anguane」では、 アルベルト・ラ・ロッカ 彼らはまさにその方向に進んでおり、音楽を聞いたことがないかもしれない学生や聴衆、またはその逆に音楽に情熱を持ち、学生が演奏する音楽を聞くことができる学生を集めています。」 これにより、子供たちは一緒に作業することができますが、中学生から成人まで、すべての年齢層が参加して、他の方法では聞くのが難しいクラシック音楽や現代音楽を聴く機会を誰もが得ることができます。 中学校から始まる学生にとっても、実際の音楽の世界に触れる機会が得られ、本物の指揮者が同行して、音楽部門での仕事の世界がどのようなものになるかを詳細に探ることができます. .

2023 年 1 月に最初の作品「成功したシンフォニコ – ベートーベン」で法案の最初の日程が達成された大きな成功に後押しされて、ネットワークは現在、他の日程を継続する準備ができています。 得られた反応、大衆の大きな関心は、おそらくこの地域ではこの観点からの提供が少ないため、一種の「音楽と美への渇望」を示しています。 まさにこの理由から、このプロジェクトは、老いも若きもすべての人を魅了する絶好の機会を持っています. 音楽自体がアマチュア的または専門的にどのように解釈されるかに関係なく、大衆に影響を与えるのは、必要な準備をせずに、音楽と文化が提供できるものをただ自由に受け入れることで、年齢を問わず心を開いて生きた経験です。 次のフラッグシップ・イベントは、期待の高い作曲家アルベルト・ラ・ロッカによる「Anguane」です。 協賛企業様のご協力のおかげで ブラズル1 月 28 日には、ワークショップ「Tune to life」が提案されます。このワークショップは、子供や将来の母親を音楽に投影することを目的としています。 フェデリカ ガスパレラ博士 (助産師、音楽家、教師) が開催するミーティングで、幼児期の発達を促進し、子供や家族の音楽への愛を刺激する良い習慣として音楽を促進します。

プログラムの概要

したがって、ティエンは、子供向けのワークショップから音楽の提案まで、あらゆる種類の提案を提示します。 したがって、新年は、ベートーベンの交響曲の研究に特化したオーケストラワークショップとソリストコンペティションで始まります。 このようにして、ベートーベンの作品を中心に数年前に始まった道を歩み続けます。交響曲第 1 番と第 5 番の後、三重協奏曲の後、若い演奏者は交響曲第 4 番とヴァイオリン協奏曲 (1806 年) に挑戦することができます。 . この交響的二部作の特別なレプリカは、「F. コンサートレッスンの形で、音楽的なオリエンテーションを伴うバッサーニ」。 Jean Baptiste Lully の漫画作品 Le Carnaval (1675) は、フェスティバル、ダンス、仮面とカーニバルのテーマに焦点を当てています。これは、バロック レパートリー専門の学生のための哲学的パフォーマンス ワークショップの主題となるミュージカル マスカレードの特異な例です。興味のある方。 このステージは、「Rising in music」プロジェクトが 60 年代と 1800 年代の作品、特に英国の作品 (Purcell と Blow) を中心に何年にもわたって展開してきた道のもう 1 つの研究です。 また、この状況では、ショーの繰り返しは、特に IC of Thiene の学生に捧げられます。

歴史

「Crescere in musica」プロジェクトは、一方で若者の間でクラシック音楽の練習と練習を促進し、他方で貢献することを目的として、ティエーネのリセオ スタターレ「F. コラディーニ」のイニシアチブから 2007 年に生まれました。すべての市民に開かれた一連の活動(専門コース、コンサート、会議、コンチェルトクラス)の実施に学生を積極的に参加させることにより、学生の音楽文化トレーニングを統合する。 2015年以来、ヴィチェンツァの音楽院「A.Pedrollo」とティエーネの他の重要な音楽機関がプロジェクトに協力し、中等学校とともに「Professional Musica Thiene」ネットワークを確立しています。 近年開発された教訓的なイニシアチブの中で、オーケストラと室内楽のワークショップ、レッスン、オーディション、マスタークラスが作成され、バロックとクラシックのレパートリー (バッハのカンタータからハイドンの交響曲、モーツァルト、ベートーベン、シューベルトまで) を深めるだけでなく、歴史的な 1900 年代からも (マーラー、ストラヴィンスキー、バルトーク、コープランド、アイヴス、ショスタコーヴィチ)。 オーケストラと室内楽のワークショップは、若いミュージシャンに、ジュリアス・ベルガー、マッシモ・ソメンツィ、フランチェスコ・ガリジョーニ、ウルリケ・ホフマン、カルロ・ラザーリ、ロレンツォ・フェダー、マルク・ダニエル・ヴァン・ビーメン、タマス・メジャー、ステノなどの著名なアーティストと出会い、改善し、協力する機会を提供します。ボエッソ、マッシミリアーノ・ティエッポ、クリストフ・ホラック。 Alissa Firsova や Giovanni Bonato などの国際的に有名な作曲家と協力しています。

ロレンツォ・フェダー、ジェンマ・ベルタニョーリ、ヴィチェンツァ音楽院のルネッサンスとバロックの歌唱クラス、俳優で監督のマルコ・ファッチンと協力して、「Rising in music」プロジェクトはパーセルの作品を中心に研究の道を発展させ、セミステージで表現しました。 2017 年にはディドとアエネアス、2018 年にはヴィチェンツァのテアトロ オリンピコでのパフォーマンスが大きな関心を呼び、イタリア国内外の専門評論家から多くのコメントを得たアーサー王、そして 2019 年には妖精の女王を発表しました。
最後に、2019 年の秋からは、ヴィチェンツァ イン オペラ フェスティバルの一環として、ヴィチェンツァのテアトロ オリンピコでのガエターノ ドニゼッティによるロマンティック オペラ「愛の妙薬」の上演に参加しています。
“Crescere in musica” 内で同名の協会が 2022 年に設立されました。 同名の協会は、卒業生、”F. Corradini” 高校の生徒、プロジェクトの活動を発展させ、拡大することを決意した若い音楽家のグループで構成され、新しいトレーニングを作成し、さまざまなレベルの学校、家族、すべての音楽愛好家を対象とした教訓とリスニング。
「クレッシェーレ・イン・ムジカ」はGRUPO BRAZZALE SpAの創業時よりご支援を頂いております

カレンダー

金曜日 6
1月 20.30
ザゴラ多目的センター、ズリアーノ
1月8日(日)午後6時
聖フランチェスコ教会、スキーオ
1月9日(月)午後8時30分
パリッシュ・プレイズ・シアター、ティエーネ
SYMPHONIC CONCERT – ベートーベン

1月28日(土)午後3時
会社 Brazzale SpA、Zane
ワークショップ – いのちの歌

2月18日(土)午後8時30分
2 月 19 日(日)午後 6 時
ザゴラ多目的センター、ズリアーノ
バロック・オペラ – ル・カーニバル

3 月 3-10-17-24-31 金曜日午後 6 時 30 分
ティエーネ市民図書館
音楽の瞬間
ネットワーク「Professional music Thiene」

4 月 2 日(日)午後 6 時
ザゴラ多目的センター、ズリアーノ
室内楽コンサート – ルノマキア

4 月 4 日(火)午後 8 時 30 分
S. Biagio 教会、Grumolo Pedemonte
4 月 5 日(水)午後 8 時 30 分
サン ジローラモ教会、ティエーネ
SACRED CONCERT – 神聖な音楽と
音楽の神聖さ

4 月 16 日(日)午後 6 時
ティエーネのフォナート オーディトリアム
パフォーマンス
メネゲロの音体

5月7日日曜日18時
ザゴラ多目的センター、ズリアーノ
子供のためのオペラ – アングアネ
ネットワーク「Professional music Thiene」

2月 5月

中等学校「F.コラディーニ」、ティエーネ
合唱ワークショップ
ダンスワークショップ

6 月 18 日(日)午後 5 時
ヴィラ ジュスティ スマン, ズリアーノ
ワークショップ – 音楽祭

ローラ・セイント・ブルーノ

この記事は気に入りましたか? 共有する:

このニュースを印刷する

Leave a Comment