「ナチスから逃れるために売られた」 グッゲンハイムに展示されたピカソの嵐

イリノイ州 グッゲンハイム 再び嵐の目に遭いました。 12 月 21 日、ニューヨークの美術館は、1978 年以来、ナチスの絶滅を逃れるために売却を余儀なくされた曽祖父母が所有していたピカソを展示していたとして、ドイツ系ユダヤ人の家族から訴えられました。 作品の価値が 1 億ドルから 2 億ドルであることを考えると、この問題は法的および財政的に重要な意味を持ちます。 そして、相続人は、それを取り戻すあらゆる権利があると確信しています。

ナチス時代に売買された他の多くの作品と同様に、この絵にも問題のある歴史があり、 政権の迫害 ヒトラー。 「アイロンをかける女」(「アイロナー」) は、スペインのキュービズムの才能がわずか 22 歳だった 1904 年に、パブロ ピカソによって描かれました。 ワーキングプアの状態を特徴付ける重厚さと犠牲の雰囲気は、アーティストが終焉を迎えようとしていた青の時代の名残である、構図を支配する青の色合いを通して伝えられます。

そして、作品の歴史そのものが犠牲についても語っています。これは、1916 年にカール アドラーがドイツのギャラリー オーナーであるハインリッヒ タンハウザーからこの作品を購入したときに初めて、アドラー家の名前に関連付けられました。 1920年代、若きアドルフ・ヒトラーがミュンヘンのドイツ国家社会党の一員として活動し、人種、歴史、政治に関する彼の個人的な教義を練り上げていたとき、カール・アドラーはベルリンで最大の皮革製造会社の取締役会に出席しました。 . 彼はヨーロッパ中からやってきて、妻のロージと 3 人の子供たちと快適な生活を送っていました。

迫害と亡命

1933 年、ドイツでナチス政権が樹立されたことで、彼らの生活は打ち砕かれました。」、アドラーのひ孫が、ヒトラーの急速な台頭が祖父母の通常の生活の終わりをどのように意味したかを語っている法廷文書を読んでください。 総統によって承認された法律は、ユダヤ人の財産を剥奪し、国の社会的および経済的生活から排除し、ゲットーに追いやった。 不確実性が増すこの状況で、アドラーは最初にピカソを売却しようとしましたが、14,000 ドル (現在では約 300,000 ドル) を要求しましたが、買い手が見つからず、作品を保持することを選択しました。

しかし、1937 年に、南アメリカにいる家族を思い通りに救うことができなかったアドラーは、非常に高い「飛行税」を支払わなければならなかったものの、ヨーロッパの多数の都市間をある場所から別の場所へと移動するフライトを開始しました。 . ライヒへの一時的な厄介なビザと同様に. 第二次世界大戦の前夜、カールとロージはその絵を 追放する 家族が強制的に参加する旅行。 1938 年、彼らはヨーロッパから逃れるために所有物をすべて売却することを決定したため、ピカソはわずか 1,552 ドル (2023 年には 32,000 ドルに相当) でタンハウザー家に戻りました (今回は息子のジャスティンに)。遠い。 ボックス内の値よりも小さい。 ジャスティン・タンハウザーは生涯を通じて「アイロナー」を熱心に守り、1976年にニューヨークのペギー・アンド・ソロモン・グッゲンハイム財団に全コレクションとともに寄贈した.

New York Put up は、カールとロージの子孫が独立した調査を行ったと報告しています。 タンハウザー. こうして彼らは、バイエルンの美術商が、ナチスの迫害を逃れるために貴重な芸術作品を売ろうとしていた他のドイツ系ユダヤ人の不幸を利用して、財産の一部を築いたことを発見しました。 マンハッタン最高裁判所に提出された召喚状の中で、検察は次のように主張しています。タンハウザーはアドラーのドラマに精通しており、ナチスの迫害がなければ、特にその価格では、そのピカソを手に入れることはできなかったであろうことを知っていました.」。

作品を返そうとする試み。

アドラー家の子供たちは、自分たちが進歩できるとは想像もしていませんでした ペイントクレームタンハウザーによる絵画の流用は合法であると確信した. しかし、議会が 2016 年にホロコーストの盗まれた美術品の返還指令を可決したとき、家族は絵を取り戻すための新たな推進力を見つけました。 グッゲンハイム財団を相手取った最近の訴訟では、ひ孫たちは、アドラーの息子の 1 人の遺言で名前が付けられた 12 の非営利財団によって支援されています。

検察は、美術館が著作物を所有することによって利益を得続けていることは不当であると考えている。 公正な支払い. 相続人は、カールとロージが迫害によってその作品をその価格で売却することを余儀なくされ、そうしなければナチスの手にかかって悲劇的な運命にあったであろうと述べています。 したがって、アドラー夫妻によると、美術館は作品を正当な所有者に返還する時が来ました。

グッゲンハイムは、この告発を根拠のないものとして却下します。 博物館は、「アイロナー」の出所について広範な調査を行ったと主張し、1970 年代にカールとロージの息子であるエリック アドラーとすでに連絡を取り合っていたことを思い出しますが、アドラーは販売の正当性について何の疑いも持ちませんでした。 . 財団のスポークスパーソンであるサラ・フォックスは、カール・アドラーとジャスティン・タンハウザーの間の取引が合法であると確信しており、それがこの作業の理由であると述べています。ユニークでかけがえのない」は、ニューヨークの彼のリビングルームに飾られます。

ちょうど昨年、ニューヨーク州は、展示された芸術作品が盗難、没収、強制売却、またはその他の不注意な理由で美術館に持ち込まれたかどうかを公に開示することを美術館に義務付ける法律を可決しました。 ナチ迫害. これは、ピカソの他の 2 つの作品、「馬を駆る少年」と「エル ムーラン ドゥ ラ ガレット」の場合であり、どちらもタンナフザーの手に渡った。 2009 年に権利を主張した相続人と合意に達した後、作品はニューヨークの MoMa とグッゲンハイムにそれぞれ展示され続けました。

Leave a Comment